郡山 ラーメン 裁判。 【2021年最新!】郡山のラーメンで今年人気のおすすめ30店

「いいねだって、軽い気持ちでやると人を傷つけるんですよ。 「嘘を書かれたことで、怒りは頂点に達していました。 それがどういう意味をもつかわかるよね?(笑) 勿論、多数の飲食店の協力によるものはかなり大きおかったが。

11

「業務用スープを使っている」。

1

まずは当人同士で交渉すればよいのではないか。 それくらい怒っていました」 しかし、そんな頭を冷静にさせたのが、従業員の存在だ。 郡山簡易裁判所は2020年7月30日、SNS上の書き込みが名誉毀損にあたると認め、Aさんに対して、11万円の損害賠償などの支払いを命じる判決を下した(双方、控訴せず、判決が確定)。

7

ひとりでも、家族皆で訪れても、美味しいお料理を食べてみんなが笑顔になれる。

18

そのため、有形の損害については認められなかった。 それが、 『らぁ麺 おかむら』さんです。 また、コメント欄に書かれた質問に「郡山市のラーメン屋だよ」と回答したり、コメント欄で提示された店名のアルファベットに「そうだよ」と同意の回答をしたりした。

9

Aさんは自身のSNS(フェイスブック)では本名で、グルメサイトにはハンドルネームで、飲食店のコメントを書き込む活動をしていた。 疑問をぶつけてみた。 でも、嘘をいちいち正していくのにはキリがありません」 裁判では、スープが自家製か業務用であるのか原告側に立証責任はない。

14

開店の2日目にいらっしゃって、ラーメンを2杯食べていかれました。 (4)損害が発生したか このようにして、投稿が名誉毀損に該当すると認められたわけだが、損害については以下のように結論づけられた。

6