ゴルフ ダウン スイング 右 肘。 右肘はタメずにリリース!

右打ちの人は、もともと右利きの人がほとんどなので、スイング中に自然と右腕を使ってしまいます。 確かにそれは間違いではないのですが、左肘をまっすぐにするのはインパクトからフォロースルーにかけてであり、 それ以外はまっすぐでも曲げるのでもなく「意識しないこと」が重要です。

17

但し、トップでの切り返しからダウンスイングでは、 右肘はそれほど意識しなくても構いません。 まず右肘が先行して動き出します。 ちょっとここで『押す』動作と『引く』動作の違いを分析してみましょう。

3

テークバックでは捻転をしようと身体を捻るのですが、それは左肩がどこまで回るかで判断している場合があります。 フォロースルーからフィニッシュの格好がおかしいとスイング自体もおかしいのです。

14

アドレス時から右肩が突っ込んでいる状態だからです。 腰はベルト方向に回転していく意識を保ちながら、肩は右肩を下げるように地面に垂直に回転していくイメージが必要です。

ドライバーでもアイアンでも、同じです。 横に振るより下に振る方が力もいらないので楽に飛ばせますよ。 このタイミングで切り返すことができれば、シャフトを十分にしならせることができ、インパクトの瞬間には強烈なしなり戻りが発生します。

16

右肘が伸びるのはフォローに入ってから• むしろ、手首を返すよりも、ノーリストターンスイングのほうが、物理的には大きな力をボールに伝えることができる。 「タメ」を作れと教わった結果、形だけの「タメ」を作ってしまい、フェースは開くし身体は詰まるし……きれいなトップオブスイングを台なしにしてしまう人がよくいます。

トップボールの出てる人を頭を押さえて指導しますが それでは解決になりません。 フォローはインパクトゾーンから始める• この動きの中に体が回転するので横に振っているように見えます。

13

そして、この動きを実現させるには、 ダウンスイングで右腕を伸ばしていく動きをすること です。 右肘や右腕を曲げたり絞り込む意識は不要で、もっと素直に、トップでたたまれた右腕をリリースしていけばOKです。 そんな右肘が脇腹につくダウンスイングは、まず右肩の捻転がないことに問題があります。