グッディ 打ち切り。 安藤優子「グッディ」打ち切りで身の振り方に苦悩

苦境のフジでは、高額ギャラで制作費を圧迫する大物キャスターにメスが入り始めた。 特に加藤はめざましテレビ感覚でカジュアルな情報バラエティ伝えてる気分だからな。 さらに、近年、名古屋発のTBS系『ゴゴスマ-GO GO! Smile!』も力を付けてきたため、両番組に挟撃される形で苦戦が続いてきた。

8

という感じだったんですが』と高橋に皮肉。

12

そうなってくると苦しいですよね。 もし番組を大幅リニューアルして再出発するとしても、裏番組が強いことから苦戦するのは間違いなく、それならばドラマの再放送枠を2時間設けた方がいいのではないかと思いますが、フジテレビはあくまでも報道で勝負していくつもりなのでしょうか。 ウチはインターネットの簡易中継だけど、あちらは中継車を持ってきている。

12

これに対して『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が配信の記事では、 「ただですら数字の取れていない番組をライバルと同じ開始時間にしたら、さらに厳しくなることは目に見えています」と民放のプロデューサーが指摘しています。 ただでさえフジの報道はレベル低いのに視聴者離れは一気に加速する。 フジ関係者が続ける。

ここまで製作費をかけているのにも関わらず、視聴率もめちゃくちゃ伸びるわけでもない。 (フジテレビ、金ないんだな。

20

「再婚したAさんも現場にやって来ることがあり、スタッフも気を遣うとか。

14

「クビ宣告を受けた際、彼女は無言かつ怒気を込めた表情で席を立ったと言われます」(フジ関係者) すでに番組終了まで2カ月を切ったが、安藤が現場で放つピリピリムードは今や、最高潮に達していた。

16

それでも、ここ最近でいえば『ミヤネ屋』がだいたい6. そのほか、曜日ごとにレギュラー出演するタレントたちもいますが、番組開始から5年たち、今年の秋で打ち切られることとなったようです」(テレビ局プロデューサー) そもそも『グッディ!』は、スタート直後から視聴率不振が取り沙汰されていた。 各局、コストカットが急務で、採算が取れない番組は打ち切りを見据えてやるしかない。

この舞台は、故杉村春子さんが実に947回にわたって主人公・布引けいを演じた不朽の名作。

4