パウエル 弁護士。 ジェローム・パウエル

日本の東スポも「信用ならない媒体」と東京地裁が判示 平成4年9月24日の東京地裁判決で「 東京スポーツの本件記事欄もそのような記事を掲載するものであるとの世人の評価が定着している」「読者は右欄の記事を真実であるかどうかなどには関心がなく、専ら通俗的な興味をそそる娯楽記事として一読しているのが衆人の認めるところである」という理屈で社会的信用の低下が発生していないとして名誉毀損の成立を否定しました。

15

ところが、この報道には強いバイアスがかかっていることがほどなく明らかになった。 バイデン大統領が勝利した11月の選挙の数ヶ月後に、パウエルは、外国のエージェントがトランプに対しために、ドミニオンの投票機に侵入することができたと主張して、テレビに出たり、訴訟を起こしたりした。

13

また、原告側は問題の声明を「的外れの非難」、「突拍子もない主張」とみなし、再三にわたって「本質的に起こりそうもない」、「不可能」などとレッテル貼りを行ったが、そうした主張はかえって被告の立場を裏付けているとも指摘した。

1

スーパーPACとは アメリカ合衆国の選挙において活動する政治資金団体であり、大統領選挙の候補者や政党と直接協力関係になれば、無制限に資金を集めることができる。

12

」と訴状には書かれている。

17

1979年にで取得。

4

パウエル氏も」と言っていて、側近がブロックしている感じがあったんですよねぇ。

美味しい退職金となるだろう。 特別検察官によるに関する捜査での容疑が捜査された際には、フリンはの犠牲者として徹底抗戦の構えを見せた。 2015年9月5日閲覧。

4