đŸ¤šãƒãƒ ã‚šã‚ŋãƒŧ į™ē情 期 čĄŒå‹•ã€‚ ハム゚ã‚ŋãƒŧ į™ē情 期

少しぎæŽĩåˇŽã‚„ãĄã‚‡ãŖとした 障åŽŗį‰Šã§ã‚‚ã‚ąã‚Ŧをする可čƒŊ性がありぞす。

ただし、ハム゚ã‚ŋãƒŧぎã‚ĩイã‚ēãĢよãŖãĻは 一æœŦでは大きすぎる場合もありぞすぎで、 様子をčĻ‹ãĻ与えãĻãŋãĻくださいね。 ハム゚ã‚ŋãƒŧãĢより個äŊ“åˇŽã¯ã‚ã‚Šãžã™ãŒã€ 4æ—ĨãĢ一åēĻぎペãƒŧ゚でį™ē情をすることが多いとぎこと。 ãƒĄã‚šã¯ä¸ģãĢį”ŸæŽ–器からå‡ēる分æŗŒæļ˛ã‚’ã‚ąãƒŧジ内ぎį‰ŠãĢ č‡­ã„äģ˜ã‘ã™ã‚‹čĄŒį‚ēãŒč‰¯ãčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã§ã—ょう。

20

2æ­ŗ頃から、éĒ¨æ ŧが厌成しéēäŧįš„ãĒį—…気ぎ有į„ĄãĒおもはãŖきりわかるようãĢãĒり、į˛žįĨžįš„ãĢもčŊãĄį€ã„ãĻきぞす。

16

ã‚Ēã‚šãƒĄã‚šä¸€įˇ’でも、äē¤å°žã‚’įĩ‚えるとæŋ€ã—くäē‰ã„あうことがよくありぞす。 かãĒり ねばãŖとしたæļ˛äŊ“で、量も多め。

3

ã‚ąãƒŧジ内からこぎようãĒéŗ´ãåŖ°ãŒã—たら、 ハム゚ã‚ŋãƒŧがį™ē情しãĻã„ã‚‹ã¨č€ƒãˆãĻくださいね。 įšæŽ–を望む場合も望ぞãĒい場合も、ハム゚ã‚ŋãƒŧぎį™ē情期やåĻŠå¨ ãƒģå‡ēį”Ŗぎæ­ŖしいįŸĨč­˜ã‚’čēĢãĢäģ˜ã‘ることが、ハム゚ã‚ŋãƒŧを厈るためãĢåŋ…čĻãĒéŖŧいä¸ģぎįžŠå‹™ã§ã‚ã‚‹ã¨č¨€ãˆãžã™ã€‚ č‚›é–€å‘¨čžēãŽč‡­č…ēīŧˆīŧč‚›é–€č…ēやéŧ åž„įˇšīŧ‰ã‚’こすりつけるâ€ĸ ぞた、äŊ“が「åĻŠå¨ ã§ãã‚‹įŠļ態」ãĢãĒãŖãĻいãĻホãƒĢãƒĸãƒŗバナãƒŗ゚がいつもと違うįŠļ態ãĒぎで、゚トãƒŦ゚を感じやすい時期ですから、įĨžįĩŒčŗĒãĢãĒãŖãĻしぞうįŠŦもいぞす。

そしãĻ、母ハム゚ã‚ŋãƒŧãŽå­č‚˛ãĻã‚ˇãƒŧãƒŗを母ハム゚ã‚ŋãƒŧをč­Ļ戒させることãĒく、『透明ãĒčĻŗ察æŋ』čļŠã—ãĢつãļさãĢčĻŗ察することができぞす。