溶連菌 原因。 溶連菌感染症の症状・原因・治療・予防

13ビュー カテゴリ: ,• 確かに子供は免疫力が未熟なため色々な病気にかかりますよね。 というか激痛。 11ビュー カテゴリ: ,• それから、のどの激しい痛みで水が飲めず食事もとれなくなるので、脱水症や栄養不足による体調悪化の危険性があります。

11

また小児の病気のなかでは重症な部類に入り、入院治療が必要な「川崎病」という病気があります。 溶連菌は正確にはA群溶血性レンサ球菌と呼ばれるもので、その菌を構成しているタンパク質の種類などにより数十種類ほどに分類されています。

14

目で見てわかる血尿のことを肉眼的血尿と言い、肉眼的には普通の色の尿でも、顕微鏡を覗いて尿の中に赤血球が混ざっているのが確認できる血尿のことを顕微鏡的血尿と言います。 治療は免疫グロブリンとアスピリンによって行われます。 しかし、咽頭の症状が弱くリンゴ病との違いがよくわからない時は病院を受診し、きちんと診断してもらいましょう。

9

咳や鼻水など、一般的な風邪の様な症状はあまり見られません。 【治療】 リウマチ熱と診断された場合は、まず安静にし、溶連菌感染症の治療にも使われる抗生剤を長期間使用し、関節炎などの痛みに対して痛み止めを使用します。

蛋白尿により蛋白が少なくなると、水分が血管外に漏れ出し、顔や足などの組織に水分が溜まり、むくみの原因になります。 他に症状もなくただ発熱するということは少なく、多くの場合咽の痛みを伴います(咽頭炎)。

6

残念ながら、体内のB群溶連菌だけを取り除くということは、現実的には困難です。

10

その他 溶連菌は、上記以外にも様々な病気の原因になります。 【治療】 リンゴ病に対する抗ウイルス薬はありません。 こちらも関節炎と同様に放っておいても半年以内には改善します。

5