山梨 県 女性 コロナ 特定。 山梨帰省コロナ感染女性への“ネット私刑”が横行、エグすぎる「特定作業」の裏側 (2020年5月7日)

・新型コロナウイルス感染判明後も行動自粛せず移動 彼女は5月1日 金 に帰国者接触者相談センターに相談したのち、指示に従って帰国者接触者外来を受診する。 コロナが切り出す社会はこういう狂気になりつつあるよね。

13

そんななか、今ネットで大炎上を巻き起こしているのが、コロナに感染していたことを知りながら山梨県に帰省したという20代会社員女性についてだ。 私の地元でも感染者情報は医療関係者が周囲に教えているため速攻で感染者だけではなく、その家族や友人親戚までもが晒されます。

この女性の行動歴についてまとめました。 4月30日 木曜日 は友人宅で複数の知人たちとバーベキューを堪能。 「再びネットに中傷やデマが広がれば、家族に危害が及ぶかもしれない。

19

法的なリスク 女性の行為が軽率だったことは確かだ。 情報の取り扱いには注意してください。

こんな人でも平等に看病しなきゃいけない医療関係者の気持ちを考えてみてくれ。

15

・責められている部分は「彼女の人間性」 多くの人が、彼女が新型コロナウイルスに感染したことを責めていない。 PCR検査を受ける。 てか死んで詫びろ。

11

彼女と山梨県で行動を共にした男性が新型コロナウイルスに感染している事が判明しただけでなく、彼女の行動があまりにも「他人の感染リスクを高める行為」だったため、世間から猛烈にバッシングを受けている状態となっている。 帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が判明しながら東京に戻った女性が高速バスに乗り込んだ富士急ハイランドのバス停=同県富士吉田市(渡辺浩撮影) 新型コロナウイルスに感染したことを隠して高速バスに乗った山梨県の20代女性に対して「コロナをまき散らしている」などとインターネット上で批判が集中し、実名や顔写真とされる真偽不明の情報が公開される事態に発展した。

10