再 就職 手当 支給 申請 書 記入 例。 再就職手当受給に必要な書類や手続とは?入社前・入社後に必要なことリスト

再就職手当の申請期限は、再就職した日の翌日から1カ月以内ですが、期限を過ぎてしまっても、再就職した日の翌日から2年を経過する日までであれば申請が可能です。 まずは雇用保険に加入している事が大前提で、正社員であっても、手続の不備などによって雇用保険未加入である場合もあるので、事前に確認しましょう。

再就職先を決める際は、上記で示した再就職手当の条件に基づいて就職の経路や期間に注意する必要があります。 失業保険受給の手続き後、7日間の待期期間を満了後に、就職または自営業を開始したこと。 再就職手当支給申請書の注意点• 1.待機期間満了後に就職していること 2.継続して1年以上勤務する予定であること 3.新しい就職先で雇用保険に加入すること 4.待機期間満了後1ヶ月はハローワークから紹介された再就職先であること この条件を満たしている人は、再就職手当を受け取る権利がある人です。

2

このとき、 再就職手当支給申請書が渡されます。

12

再就職手当の支給条件は「失業保険の所定給付日数の3分の1以上を残して再就職すること」ですが、会社都合ではなく自己都合で退職した場合は失業保険の所定給付日数が90日~150日と短いので、支払残日数の不足に注意する必要があります。 ロ:再就職手当又は常用就職支度手当のいずれも受給したことがない。 労働者の前職での給与額や年齢などの要素によって異なります。

13

早期に手当を受けたい場合は、早めに手続きすることがおすすめです。

しかし、早く就職を決めた人へのご褒美 支援 というお金なので、失業保険の全てを受け取れるわけではなく、実際受け取れるのは受給残日数の数パーセントとなりますので、注意が必要です。

3

その際には、ハローワークの窓口の職員が、再就職手当の支給に該当するかどうかを判断します。

2

会社を退職し、失業した場合には、雇用保険に加入していれば、雇用保険の失業給付を受給することができます。 失業後に、失業手当を受給中に新たな再就職先が決った場合には、まず就職日の前日までにハローワークに就職が決まったことを報告します。