演技 性 パーソナリティー 障害。 【医師監修】演技性人格障害の人の特徴と接し方や治し方のコツとは?

また、強い人には媚びを売り、猫をかぶりますが、弱い人は自分の依存先にして、相手を押さえつけてコントロールすることがあります。 3.演技性パーソナリティ障害の治療 演技性パーソナリティ障害の治療は、お薬で症状をサポートした上での精神療法が中心になります。 芝居がかった言動、オーバーアクションが目立つ• より高揚した感覚、より強い注目を引くという面で、とくに異性からの関心に執着する傾向が目立ちます。

1

ときには相手に合わせたり、流行に乗ろうとして自分を変えたりします。 ですから、家族やパートナーを含めた治療が行われることが多いです。 脳の方は、危険を察知しやすく、勝手に警戒していき、あらゆる情報に注意が向いていくので、身体の感覚は切り離されて、本当の自分は何をしていいか分からず、その場その場で反応しているところがあります。

12

周囲、物語などの影響を受けやすい• このため依存してしまい、抗不安薬をなかなかやめられなくなってしまう方もいらっしゃいます。 といっても、本人を突き放すのではありません。 そして、自分でいられる感覚の希薄さや劣等性を、他者から承認されることで埋め合わせをします。

9

例えば芸能の分野などでは、とても大切な要素にもなります。

10

映画関係や政治家として成功した人もいます。 しかしながら、表面的に何とか付き合っていくといったように、不安定な人間関係となってしまうことが多いです。

12

そして、最悪な方に行かないようにするため、相手のことを探りながら、自分を良く見せる努力をしたり、周りから悪意を向けられないような完璧な姿でいようとします。 「また、始まったよ」 「どうせ、嘘なんでしょ」 この人がどんなに真面目な話をしていても、 周囲はまともに聞いてくれなくなります。