山本 リシャール 登 ま。 世界遺産【山本リシャール登眞】出身/学校を調査!両親も凄い!(博士ちゃん)|エンジェルニュース

母親は国際法の研究 かつ国籍については、 父親がスイス、 母親がベルギーと日本のハーフとのことで、その2人から生まれた山本リシャール登眞さんは、もうそれだけで凄そうですよね…。

7

山本リシャール登眞さんは、史上最年少で世界遺産マイスターを取得しました。 7月20日の世界ふしぎ発見 現在は中学生になっている 山本リシャール登眞くんは 今夜放送される世界ふしぎ発見で どんな活躍を見せてくれるのか とても楽しみです。 母は、国際法の研究者として活躍しています。

テキストを読みながらさまざまな知識が身に付いていったし、 ニュースに出る「危機遺産」や、小説の舞台となった遺跡など、 色々な繋がりが見えてきたので、楽しく取り組めたようです。 【世界遺産検定】 人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を 社会へ還元することを目指した検定です。 地元の京都で文化財の修理の見学会に参加したり、専門家の講演を聞きに行ったりしていることも夢への刺激になったそうですよ! 現在では、 日本語、英語フランス語を扱うトリリンガルというマルチな才能も持ち合わせている山本リシャール登眞くんです。

世界遺産の正式名称や国のほか、世界遺産の登録を行うユネスコなどについて問われます。

そしてお子さんが 興味を持ったことには サポートし、伸ばそうと 素晴らしい教育をされて いるのがわかりますな。 2%、 それを小学校5年で合格とは、ふつう考えられないことです。 4歳の頃から日本で二年ほど 生活していたのですが だからと言って いきなり難しい漢字は 厳しかったみたいです。

「これが僕のやりたいことだ」と思ったのだとか。

8

2014年からは文部科学省の後援事業となりました。 イケメンな上にトリリンガル、 背が高くて頭良しなんて 素晴らしすぎます。 まだ14歳ですが、将来の活躍が期待できます。

15

世界遺産検定を知ったのは、書店でパンフレットをみつけたのがきっかけです。

3