運行 管理 者 試験。 運行管理者試験過去問題【貨物】PDF版・Web版(解説付き)

ひねった問題などはなく、基本的に過去問からの同一形式で出題されています。 4%というデータが算出されています。

19

大まかな全体像を解説させていただきます。 全問正解する必要はなく、他の受験者との比較で合格不合格が決まる試験ではありません。

9

運行管理者試験の合格ライン 合格基準は以下のようになります。 受験される皆様がこの資格を取得して、運行管理者として活躍する事を期待しています。

14

運行管理者試験を効率よく合格するためには、優先順位をつけて勉強することが求められます。 最近ではネットでも過去問を解くサイトがありますが、あまりおすすめはできません。 初めて自動車検査証の交付を受ける車両総重量7. そしてこの文章の正誤を問われる問題が運行管理者試験の大部分を締めます。

15

運行管理者の将来性について 運行管理者の将来性についてですが、運行管理者が働く場所は主に貨物か旅客の2種類の現場になります。 めやすとなる勉強時間 運行管理者試験合格に向けての勉強時間の目安ですが、一般的には50時間前後と言われています。 労働基準法• 試験の日程や受験料 運行管理者の試験は年2回、実施されます。

10

運行管理者の仕事内容について 1日の仕事内容について 運行管理者が行うのは荷物の配送を管理するのではなく、荷物を配送などを含めた全体的な安全管理を行うのが運行管理者の仕事です。

18

の労働時間等の改善のための基準を定めることにより、自動車運転者の [ A ] 等の 労働条件の向上を図ることを目的とする。

13

ドライバーだけでなく荷物や利用者の安全も守ることができる、非常に重要でやりがいのある仕事です。

13