火垂る の 墓 カニバリズム。 『火垂るの墓』は清太の霊が“現代でも成仏できない理由”を探るミステリー作品だった。「清太が過去に囚われている理由を90分かけて説明している」

Several commemorative tins resembling the one depicted in the film and featuring an image of Setsuko have been released over the years. 清太と節子は生前、大変悲惨な人生を歩んできました。

18

The director was nevertheless an anti-war advocate, a staunch supporter of , and has openly criticized Japan's penchant for conformity, allowing them to be rallied against other nations. Surrounded by fireflies, they rest on a hilltop bench overlooking present-day Kobe. てっきり2人は一緒に成仏するのかと思ったら、ラストでは 現代の神戸の夜景が映るんです。

14

清太と節子はそういう道を選んだ人で、(節子はあまりに幼いので、選んだというより、それ以外に知らなかったのだろう)それが「本望」だったんだけど、作品としてそれだけの描写で終わることはできない。 清太が駅構内の柱に寄り掛かってうなだれていると、通行人がおにぎりを差し入れてくれます。 では、「 火垂るの墓 」は他のアニメとは一体何が違うのでしょうか? その清太と節子がそのループを幾度となく繰り返した結果、何十年という時が経ち、神戸はビルが立ち並ぶ現代の街へと変わっていったのでしょう。

そして、「ああ、こいつも死んでしもうた」ということで遺品を探っていたら、ポケットの中から缶が出てくる。 幼い兄妹が、終戦前後の混乱の中を必死に生き抜こうとするが、その思いも叶わず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた作品です。 つまり、この映画は「なぜ彼は、死んでから43年も経つのに、自分が一番辛かった時のことを見返さなきゃいけないのか?」という理由を、ここから 90分かけて説明するという構造になっている。

5

アニメ映画として公開された本作品ですが、毎年終戦記念日近くになると何度も再放送されて、そのたびにお茶の間を涙で満たしてしまう、「涙作り名人」なアニメです。 He explained that while one could "have a scene where Seita can't stand that anymore," it is "difficult to incorporate into a story. そして叔母。

3

清太とおばさんは具体的にどんな関係だったのか 越前谷の論文では、原作もアニメも「幼い兄妹が実母と死別し、他人の冷遇に耐えきれず、逃亡漂白する継子譚の定型」を踏んでいるとしたうえで、《だが、原作にはあったはずの幾つかのノイズが、アニメでは消されてしまっている》と指摘している。

19