懸念 事項 と は。 「懸案事項」の意味とは?「懸念事項」との違いや類語も紹介

3

「統計学的なリスクがある」という文章は自然な文章ですが、 「統計学的な懸念がある」は完全な間違いではなくても滅多に使わない表現になります。 ビジネスシーンでは「心配」や「不安」を使うよりも、より堅い表現の「懸念」を使った方が良いでしょう。

11

これから起こることに対しての不安という意味では、懸念されるも危惧されるもほとんど同じ意味で使われます。 上で挙げた例文を「トラブルに発展する恐れがある」「土砂崩れの恐れがある」「経営状況が悪化する恐れがある」と言い換えることができます。 「懸案事項」の意味とは? 「懸案事項」とは「前から問題となっている事」 「懸案事項(けんあんじこう)」とは、「かねてから問題となっている事柄」や「以前から解決しないでいる項目」という意味の言葉です。

20

」 懸案事項の類義語とは? ここでは、懸念事項の類義語についてご紹介します。 対義語や反対語、類語と他使える四字熟語のご紹介もあります。 分析した結果、起きてもそれほど影響がない場合は「放置」します。

また心配は、これから起こることだけではなく、現在のことについても使います。 「憂慮(ゆうりょ)」は、 「不安に思うこと、思い煩うこと」を意味しています。 つまり、懸念されている具体的な事柄を「懸案」と表すことができます。

7

「懸案」は、かねてから問題になっていて、まだ解決のつかない事柄のことを意味します。

12