少女 レイ ころん。 少女レイ【ころん】

「君と一緒に. 「透明な君は 僕を指差してた」この意味を考えると、「指差し」とは欲しい物や興味があるものに対して人差し指を向ける行為だと言えます。 踏切が閉まった状態で線路内に2人が立っています。

2人で入れてよかった!」 「お前推薦で受かってたからまじびびったわw」 「いやいやw何気二次試験で受かる方がすごいわwってか制服似合ってるね、かっこいい~!」 「!?. 」 僕が少し早足で歩くと「も~」と言いながら小走りに着いてくるAは可愛かった。 一つ目は、"少女2人のうち1人に影がない"事です。 早く行こ。

9

"歪んだ"2人の愛の形 本能が狂い始める 追い詰められたハツカネズミ 〜 省略 〜 MVにもある様に、主人公が踏切に飛び出す状況が歌詞に描かれています。

2

こんなとき素直になれればいいのに。

どのドラマを題材にしているのでしょうか?気になりますね! それでは「少女レイ」歌詞解釈をしていきたいと思います。 「次の標的に置かれた花瓶 仕掛けたのは僕だった」学校で生きている人の机に花瓶を置く、またはそれ以上のこと、そんな残酷な行為を主人公は少女に向かって行います。

このおかしくなった音の後に曲は終わり、蝉の鳴く声がします。 「少女レイ」のタイトルが示すものは、主人公ではなく亡くなってしまった少女なんじゃないかと思います。

9