įŽ„é–ĸ 収į´ã€‚ įŽ„é–ĸを゚ッキãƒĒさせたいīŧã”ãĄã‚ƒã”ãĄã‚ƒãĢãĒらãĒいįŽ„é–ĸ収į´ãŽč€ƒãˆæ–š

ãƒĄãƒŧãƒĢぎãƒŦ゚ポãƒŗ゚も旊く、゚トãƒŦ゚がãĒかãŖたといい、「åŽļぎį´°éƒ¨ãŽäŊœã‚Ščžŧãŋã¯ã€č¨­č¨ˆåŖĢさんとぎäŋĄé ŧé–ĸäŋ‚が大äē‹ã§ã™ã­ã€ã¨ã‚ĸドバイ゚する。 æŽĸすイナイナも少ãĒくãĒるはずだ。

4

čģŠã€č‡ĒčģĸčģŠã€ã‚šãƒŽãƒŧボãƒŧドãĒお多čļŖå‘ŗãĒäēēであるãģお、Iさん厅ぎįŽ„é–ĸぞわりぎ「大型収į´ã€ãŒå‚č€ƒãĢãĒるはずだ。 収į´ä¸‹ã‚’æ´ģį”¨ã§ãã‚‹ã†ãˆãĢ、ã‚Ēãƒŧã‚Ŋドック゚ãĒåŊĸぎįŽ„é–ĸ収į´ã‚’おしゃれãĢčĻ‹ã›ã‚‹åŠšæžœã‚‚ありぞす。

14

į„Ąã„場合は傘įĢ‹ãĻぎ大きさãĢæŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻã€‚

一įŸŗäēŒéŗĨぎã‚ĸイテムãĢãĒãŖãĻいぞす。

18

そぎ上ãĢ、äŊŋį”¨é ģåēĻぎäŊŽã„é´ã‚’ã€ã‚ˇãƒĨãƒŧã‚ēボック゚ãĢå…ĨれãĻ収į´ã•ã‚ŒãĻいぞす。

10

įŽ„é–ĸ゚ペãƒŧ゚内ãĢ下駄įŽąã‚’įŊŽããŽã§ã¯ãĒく、靴やそぎäģ–ぎ外でäŊŋうį‰Šã‚’収į´ã™ã‚‹ã‚Ļã‚Šãƒŧクイãƒŗクロãƒŧã‚ŧットをåˆĨãĢ設įŊŽã™ã‚Œã°ã€åŽšé‡ãŒå¤§ãã„ぎでåŽļ族が多くãĻもįŽ„é–ĸ周りを゚ッキãƒĒさせられぞす。

1

įŽ„é–ĸãĢæŠąãŖこį´ã‚’ãļら下げるとだらしãĒくčĻ‹ãˆãĻã„ãžã—ãŸãŒã€ãƒĄãƒƒã‚ˇãƒĨバッグでčĻ‹äē‹ãĢč§ŖæąēされãĻいぞす。

5

我がåŽļã§ã¯æ­¯ãƒ–ãƒŠã‚ˇįĢ‹ãĻを刊į”¨ã—ãĻ、印鑑をįĢ‹ãĻãĻいぞす。 フックãĒおãĢキãƒŧホãƒĢダãƒŧをかけãĻįŊŽã„ãĻいるäēēも多いようですが、最čŋ‘ではそもそもéĩã‚’æŒãĄæ­Šã‹ãĒくãĻも済んでしぞう 「゚マãƒŧトロック」が晎及し始めãĻいぞす。 「įŽ„é–ĸ収į´čĄ“」というと、専門åŽļへį›¸čĢ‡ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĒã‚¤ãƒĄãƒŧジをもつかもしれぞせんが、 äēē気イãƒŗã‚šã‚ŋグナマãƒŧã•ã‚“ãŸãĄãŽã‚„ã‚Šæ–šã‚’ãƒžãƒã™ã‚‹ã ã‘ã§ã‚‚ååˆ†īŧã“ãŽč¨˜äē‹ãŽåžŒåŠã§į´šäģ‹ã—ãĻã„ãžã™ãŽã§å‚č€ƒãĢしãĻくださいね。

14

靴äģĨ外ぎもぎを収į´ã™ã‚‹ã‚šãƒšãƒŧã‚šã‚‚įŽ„é–ĸãĢæŦ˛ã—いというåŖ°ãŒå¤šãčžã‹ã‚Œãžã—た。 į†æƒŗは「ãƒĒビãƒŗグがåēƒããĻ、åē­ãŒã‚る。 そこでäžŋ刊でäŊŋい勝手ãĢå„Ēれた「土間収į´ã‚’つくるときぎ5つぎポイãƒŗト」をį”¨æ„ã—ぞした。

2