文鳥 ぐぜり。 文鳥の鳴き声の種類からわかる感情と気持ち【11項目】

オスは求愛のために、メスに向けてさえずりで歌を歌います。

6

私は文鳥が幼鳥の頃から、いつも「おはよう~」とか「おやすみ~」と言って頭を下げて挨拶をしていたのですが、いつ頃からか文鳥も私が挨拶をすると同じように「ポポポポポ」と鳴きながら頭を下げて挨拶をしてくれるようになりました。 。 文鳥でも『やんちゃな時期』。

9

メスがラブソングを気に入らなければ、そのオスを恋愛対象として受け入れることはないので、オスの文鳥は懸命です。 体が成熟していない 換羽の後は体重が減る事も多々あります。 投稿者:• 文鳥の個体によってさえずりかた(歌い方)は違いますが、文鳥のさえずり(歌い方)が完全にできあがるまでには1年以上かかるといわれているようです。

5

ゲージから外に出して欲しいときや、飼い主さんが帰宅して嬉しいときなどにこのような鳴き声をあげることがあります。

オスの文鳥の特徴について メスとの大きな違いは、身体の大きさです。 これをアイリングといい、オスのほうが濃くはっきりとしています。

ぐぜりは、「浪曲風」(上手い表現!) のこともあり、ぶちぶち・ぐちゅぐちゅ まるで文句を言っているかのようなこともありました。 さえずりのように、きれいになめらかに出来ない鳴き声をぐぜりと呼びます。