きめ つの や い ば 204 ネタバレ。 【鬼滅の刃】72話のネタバレ【まきをが遊郭の鬼に襲われる】|サブかる

お母さんと思われる人が電話越しに謝っていますよ。 車掌を眠らせると、他の手下らしき人達に、こう指示を下す。 無惨が1000年探しても見つからなかったとされ、存在するかどうかも怪しいシロモノ。

3

まきをの危機 鯉夏は炭治郎に「運んでくれたのね、ありがとう」「おいで」「お菓子をあげようね、ひとりでこっそり食べるのよ」とお菓子を渡す。 「顔を上げてくださいませ!!」「礼など必要御座いません」 冨岡と不死川は声を張って言った。

14

無惨を乗り越えた今だからこそ回収して欲しいところ。 柱は二人だけになってしまったね。

2

炭治郎が単独任務から帰ると、蝶屋敷でにとが連れ去られていた。 愈史郎は謎多き画家として、現代も生き続けているのでした。 縁壱の願いは「家族と静かに暮らす」、そんなささやかなものだったにも関わらず、この世に鬼が存在するために願いを叶えることができなかった。

・痣の代償で死ぬときって突然死ぬのか、予兆があるのかもまるで分からないよな 情報が25までには死ぬしかない ・痣が出た奴は多分主人公以外は数年の命だし 恋は25で死ぬのも知らないで最初に出た組だから今世では結局不幸 伊之助が柱目指していたけど痣出てたらアウトだったな その他 ・無惨に薬を打ち込む役をネズコがやっていたら面白かったのにな 3人の共同研究の風景やってその薬を無惨に吸収されたかのように見せかけてネズコが打ち込むとか ・この作品、キャラの行く末以上に「ここまで人気出た作品を編集が終わらせるのか」ということが気になって読んでるわ 終わるにしても本当に綺麗さっぱりな形で終わるのか ・兄は美人と結ばれ妹はイマイチな男って… 善逸はポスターで奇跡の一枚あったけど炭治郎と伊之助に比べると劣る 眉毛どうにかすればねずこと釣り合う ・蛇の過去話と戦闘スタイル好きだから長編でも見たかった 刀鍛冶の後にカナヲを含めた同期も入れてもう1本くらい長編やってほしかったわ ・炭治郎は少年漫画の主人公としては普通過ぎたってのはあるけどそれはそれで1つの物語だと思う ラスボス戦に入るまでに味方組織の最強ポジにいない主人公ってかなり珍しいよな ・主人公には死んでほしくないってのが多いだろうから生きてて良かったで終わりだろうし ここまでして生かしたからハッピーエンドにするんだろうけど無惨戦の粗多すぎたから気になる人には辛い ・縁壱自身がどうこうというより縁壱の回想に大した価値がなかったつーか 痣克服の理由も零式の刀の由来もわからんかったし 唯一有益な情報だと思われた無駄脳やポップコーンも前者は特に何もなく後者は珠世薬が何とかしたから炭が知る意味特になかったし 204話速報 鬼のいない世界 前回ラスト 皆の呼びかけに我を取り戻した炭治郎 心配されたカナヲは無事。 しかし、それと引き換えにあまりにもたくさんのものを失ったのです。 炭治郎とカナヲはその後結婚したのですね。

19

まとめ 以上、鬼滅の刃186話のネタバレをまとめてみました。 そして 廊下の角で二人の様子を伺っていた善逸。 「髪切ったんですね」と炭治郎は冨岡に言った。

ネット上の感想はどうだったのでしょうか? ラノベエイト : 【鬼滅の刃】55話感想 煉獄兄貴も長男だったのか…夢の中の話が泣ける — ラノベファースト darcrdnt1 本当にコレです。 『鬼滅の刃』ネタバレ204-205話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 最後の一コマが意外でした! その後、大きな事件もなく大正~昭和~平成、そして令和へと時代は移ったということでしょうか!? 舞台が現代だとすると、生き残っている可能性があるのは愈史郎くらいでしょう。 無惨が求めていた青い彼岸花は鬼である限り絶対に手に入らないものだったというのは皮肉が効いていますし、あり得ると思います。

16