一縷 の 望み。 「一縷」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

1:けし 2:からし 3:みじんこ 「芥子」…「けし」とも「からし」とも読むのです! 「芥子」という漢字、 パン屋さんで「芥子の実をあしらいました」などと書いてあれば「けし」ね、 おでん屋さんなどで見かければ「からし」ね、などと、 「なんとなく見かけて、シチュエーションで読み分けている漢字」ではないでしょうか? よく調べれは 「けし」と「からし」は微妙に違う字なのだろうな…と思いがちですが、実は全く同じ字で、「芥川龍之介」の「芥」という漢字+「子」なのです。

15

一縷も一抹も、ほんの僅かという意味ですが、使えるシーンはかなり異なります。 「一縷の望み」という言葉の意味は、 「ごく僅かな望み」ということを表してる言葉で、 「一縷」とは、 「ひとすじの糸」を意味している語句です。 「一縷の望み」というのはなんとなく意味は伝わりますので、かえってその先、「一縷」について深く考えることは少ないかもしれません。

6

これは一本の糸でとても重いものを支えるという様子から、非常に危険であることを表す言葉です。

19

一縷の望みという表現がありますが、それを一途の望みと間違えて覚えていたり使われていたりする場面を見かけます。

(新津きよみ『女友達』) ・でも私は頭の片すみでは、彼は照れ隠しにそんなことをいったのではないかと、 一縷の望みを抱いていたのである。

一抹の使い方 一抹を使った分かりやすい例としては、「テスト前にやり忘れたことはないか一抹の不安が残る」「先日娘が嫁いだため一抹の寂しさがあるものの、幸せそうな娘をみて涙がこぼれました」などがあります。 「一縷の望み」の類語や言い換え• こぼれるのは「笑み」か「白い歯」。

11

民族とかそういう曲大好きです!!応援させていただきます -- 鵜茶 2013-03-30 17:01:12• 「なーんもしてないけど、とりあえず一縷の望みにかけてみよー」って人はあんまりいないような? たとえ砕け散っても、一途に頑張る姿は心打たれますよね。 馬鹿にするポイントが見つからない。

11

3つ目の意味は、ぼろぼろなものやその様子を表します。 汚名を雪ぐ 汚名を晴らす 「汚名」は不名誉な評判。