東急 東横 線。 東急東横線の路線図

1km の営業を終了(廃止は翌31日付け)。 また、多摩川園駅 - 間は、橋梁・高架線の拡幅・増設によって複々線化された。 特急料金は不要で、乗車券のみで利用可能。

11

周辺には日吉・矢上両キャンパス のほか、もある文教地区である。 車内の混雑やダイヤの乱れ、駅の地下化に伴う乗り換えの不便さなどの不満はあるにせよ、利便性と豊かな居住環境の両方がそろう、きわめて住み心地の良い沿線といえそうだ。

16

昭和末期になると、さらに混雑が深刻化したため、東横線渋谷 - 桜木町(当時)間を運行する列車は順次20m車8両編成へと増強された。

9

次の を過ぎると、とを潜り、島式ホーム2面4線の地上駅 に到着する。 上り2本を除く全ての列車が東京メトロ副都心線に直通し、直通先の副都心線内では主に通勤急行となる。 【旬の数え方】• 通勤特急 平日の朝夕ラッシュ時間帯と夜間に特急の代わりに運転される速達列車である。

18

渋谷駅 - 菊名駅間で使用開始。

20

ただし、終電(上下線1本ずつ)に限っては従来通り元住吉行であり、この場合はホームに停泊した後、翌日の同駅始発列車に充当される。 綱島を出ると、すぐにを渡る。 2001年3月からは当社初の特急運転を、2003年3月19日からは平日の朝夕通勤時間帯に「通勤特急」の運転を開始しました。

9

特急の歴史• 日比谷線直通の代替として、菊名発着の渋谷方面行き列車をそれまでの日比谷線直通と同程度の本数運行している。 1935年2月1日 運転を開始。 自由が丘と同様ほぼ終日にわたり緩急接続が行われており、副都心線の直通運転が始まるまでは、日比谷線(からの)直通電車が折り返していた。

6

3月16日(平日ダイヤでは3月18日)より、副都心線との直通運転開始後は、女性専用車は上下線ともに渋谷寄りの1号車に、運用時間が平日の始発から9時30分までにそれぞれ変更された。 の踏切を過ぎると、島式ホーム2面4線の高架駅 である。 また、高架化と同時に元住吉検車区から日吉駅まで直接行ける下り出庫線が新設され、元町・中華街方面行の始発列車は日吉駅始発も多数設定されるようになった。

8