人口 動態 統計。 人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡 年次 2018年

36 2 死亡数は増加 死亡数は25,202人で,前年の24,520人より682人増加し,死亡率(人口千対)は11. 平成26年• 公表見送りは1971年の推計開始以来初めて。 例年と違い不確定要素が多く、精度が高い数字が出てこないのでは」と話した。 死因別死亡人数の表 順位 死因 死亡数(人) 死亡率(人口10万対) 死亡総数に占める割合(%) 前年の割合(%) 第1位 悪性新生物 6,822人 298. 2 死因別では,悪性新生物,心疾患 高血圧性を除く ,脳血管疾患が上位を占めている。

平成12年• 平成18年• 平成18年• 日本の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的とする。

17

平成31年・令和元年• 平成17年• 平成26年• 平成25年• 3下回った。 平成13年• 平成23年• ・現時点では,「平成30年(2018)年確定数(上巻)(令和元年11月28日・厚生労働省公表データ」で公表された過去数値の修正分のみを反映しておりますので,注意願います。 離婚票:夫妻の生年月、住所、離婚の種類等離婚届に基づく事項 脚注 [ ]. 平成20年• 平成14年• 平成23年• 平成28年• 田村厚労相によると、高齢化で増加傾向だった死亡数が今年の速報値では減少傾向にあるほか、婚姻数も令和への改元後に極端な増減を繰り返している。

15

平成24年• 死産票:死産の年月日、場所、父母の年齢等死産届に基づく事項• 田村憲久厚生労働相は21日の閣議後記者会見で、例年12月下旬に公表している人口動態統計の年間推計の公表を今年は見送る方針を明らかにした。 翌年6月公表予定の概数と、同9月予定の確定数は、従来通り公表する見通し。

3

平成29年• 平成31年・令和元年• 出生票:出生の年月日、場所、体重、父母の氏名及び年齢等出生届に基づく事項• 平成21年• 平成22年• 平成17年• 死亡票:死亡者の生年月日、住所、死亡の年月日等死亡届に基づく事項• 0 5 婚姻件数は減少 婚姻件数は10,073組で,前年の10,328組より255組減少し,婚姻率(人口千対)は4. 平成29年• 婚姻率• 年間推計は1~10月までの速報値を基に計算する。

16

平成20年• 令和元年人口動態統計(確定数) 令和元年人口動態統計(確定数)の宮城県分は,次のとおりである。 平成9年• 平成10年• 令和3年• この記事はなが全く示されていないか、不十分です。

12