熊本 県 倒産 情報。 【流通】熊本で食品スーパーが2社倒産~相次ぐ破綻に懸念の声:|NetIB

加えて、新電力事業を手がけていた関係会社が電気の使用者から支払われた賦課金(納付金)を納付しない電気事業者として、2021年4月に経済産業省より社名が公表。 <外部リンク>• 「正直、破綻の懸念があるスーパーはいくつかある。 同時に、各地の食品スーパーに関する問い合わせが増加しているのも事実である。

2

しかし、最近のケースは支払遅延がないまま、突然、支払ができないことを告げられ、翌日破綻するというもの。

11

投資 <外部リンク>• 熊本県内の食品スーパー2社が8月31日をもって事業停止し、破産手続きに入った。 生産・企業倒産• <外部リンク>• 破産管財人は本田悟士弁護士(熊本市中央区帯山4-23-20、竹中・本田法律事務所、電話096-382-3188)。 「大分」 (株)九設(資本金2000万円、大分市津守500、代表田島貴博氏ほか1名)は、5月10日に大分地裁へ自己破産を申請した。

19

令和2年(2020年)• 近年も毎期約50億円の売上高(公表数字)を維持していたが、2021年4月、代表の交友関係をめぐり福岡県警より当社と関係会社および代表が暴力団排除措置に関する協定に基づき、福岡県や福岡市、北九州市、国土交通省へ通報されていた。

13

大手家電量販店や家具量販店などの店舗工事を手がけた実績を有し、福岡支店や熊本支店を開設して以降は、九州エリアの案件を手広く行うほか、首都圏の案件も手がけるなど業容の拡大を図り、2015年2月期は年売上高約50億7200万円を計上していた。 両社とも特に支払い遅延は聞かれず、何の前触れもなく経営破綻に至ったことで、「完全にノーマークだった」「まさかこんなに早く破綻するとは」と、取引先は落胆する。

10

負債は約30億円。 しかし、電力会社とのトラブルや熊本地震の影響から、予定していた分譲販売が進まず2017年7月期の年売上高は約3億7900万円にダウン。

6

<外部リンク>• このため最終的に負債総額がふくれ上がったとも言われている。 地域経済分析• <外部リンク>• 大手ゼネコンや地場中堅建設業者などから受注した店舗、オフィスビル、ホテル、マンション、工場等の新築に関わる給排水・空調・消火設備工事を中心に、電気設備工事や太陽光発電工事も手がけていた。 この間、過去に大幅な欠損を計上していたことも影響し、債務超過状態が続いていた。

7