新 馬 戦 今週。 【中京新馬戦】メリトクラシー 福永と見る夢の続き、出世ロードを切り開き見据える先はクラシック― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

いつもソフト仕上げの国枝厩舎で、今回もそう速い時計は出していないのですが、今週の追い切りが3頭併せの真ん中でかなり狭い所を抜けさせるような、精神的に厳しいケイコをしていましたね。 セレクトセール2億4840万円 税込。 ディーマジェスティやマカヒキ、サトノダイヤモンドと同じ現8歳世代。

16

7月17日 福島 芝1,800m(牝馬限定) 馬名 性別 騎手 父 母 馬主 牝 松山 ジャスタウェイ バラダセール サンデーレーシング 牝 丸山 クロフネ エフティマイア 吉野英子 牝 丸田 ロードカナロア メジロルルド 薗部博之 牝 三浦 ドゥラメンテ ハイドバウンド シルクレーシング 牝 菅原明 ドゥラメンテ ベラルーナ 大冨智弘 牝 津村 トーセンラー ホットレッグス 社台レースホース 牝 武藤 エイシンフラッシュ ジョリーダンス 小林薫 牝 内田博 ドゥラメンテ テスタオクローチェ 鈴木誠 牝 戸崎 ディープインパクト ソーマジック 社台レースホース 牝 木幡育 モーリス グロリエッテ 森和久 牝 木幡初 ホッコータルマエ ロイヤルスピリッツ フィールドレーシング 7月17日 福島 芝1,200m 馬名 性別 騎手 父 母 馬主 牝 小林凌 アメリカンペイトリオット ワイルドソース 了徳寺健二ホールディングス 牡 武藤 ビッグアーサー コスモメリー ウイン 牝 ディーマジェスティ ラッフォルツァート サラブレッドクラブ・ラフィアン 牝 マクフィ ルナーコロナ 北所直人 牝 藤田菜 ブラックタイド フォーマルアプローバル 田頭勇貴 牝 ミュゼスルタン シェイキットオフ グランデオーナーズ 牝 カレンブラックヒル ケージーフジムスメ 三岡陽 牡 木幡巧 サトノアラジン ヴォーグジャック 山口裕介 牡 丸山 リーチザクラウン ニシノオマージュ 西山茂行 牝 石橋脩 リーチザクラウン ディーズハイビガー サンライズ 牡 杉原 エイシンフラッシュ ネイビートウショウ ミルファーム 牝 石川 ザファクター エイシンヴァニラ 石井輝昭 丸田 トゥザワールド ノブジョプリン 戸山光男 牡 柴田善 ドリームジャーニー ポルウナカベサ 蓑島竜一 牡 宮崎 ジャングルポケット アレキサンドリア 佐藤啓子 牝 戸崎 ドレフォン キナウ 野嶋祥二 7月17日 函館 函館2歳ステークス 馬名 性別 騎手 父 母 馬主 牡 カレンブラックヒル クリンゲルベルガー 泉一郎 牝 キンシャサノキセキ カイカヨソウ キャロットファーム 牡 加藤 ドレフォン カフジビーナス 川島和範 牡 ディスクリートキャット ムーンダスト グランデオーナーズ 牡 ヴァンキッシュラン トーセンソニア 島川隆哉 牡 トーセンファントム カグラグレイス 島川隆哉 牝 泉谷 ジョーカプチーノ ナムラキッス 奈村睦弘 牡 横山和 ドレフォン シナジーウィスパー 雅苑興業 牡 シルバーステート マチャプチャレ 鈴木照雄 牝 キングカメハメハ オレンジティアラ 社台レースホース 牝 シルバーステート メリオーラ G1レーシング 牝 コパノリッキー ハニーパイ 小林祥晃 牝 亀田 シルバーステート カルディア ディアレストクラブ は左後骨折のため回避することになりました(全治6ヶ月から9か月)。 おじスワーヴリチャード ジャパンC、大阪杯勝ち馬 、バンドワゴン 4勝、きさらぎ賞2着。

16日の札幌・芝コースでは、中ブルーロワイヤル(2歳新馬)、内フリートオブフット(2歳新馬)との3頭併せ。

スタートもそれなりに速いと聞いていて、いいポジションで競馬ができれば」と手応え十分だ。

18

クラシックを棒に振った。 このレース、実は本命どちらにしようかで結構悩んだのですよね。 このタイムは衝撃的なので本命にします。

1

重賞未勝利ながら血統、レースぶりが評価されて種牡馬入り。 好素材が続々と勝ち名乗り。

8

G1を勝てなくてもグレイル、ドレッドノータス、ダノンバラード、トーセンスターダムらPOG期間内の重賞勝ち馬もいる。 姉はマイラーだが、こちらは距離も保ちそうだ」と記者の話。

14

父は脚元の故障で4歳春に早めの引退を余儀なくされたが、ディープインパクトから父へと受け継がれてきた天性の切れ味は、やはり芝向きと言える。

7

いきなり今年のPOG一番の「目玉」が登場ということでレースが楽しみですが、早速予想して参りましょう。 けっこう乗り込めているのはアドバンテージだし、それでもへこたれない基礎体力がある」とうなずく。