ブリ 出世。 出世魚の代表「ブリ」 その幼魚を何と呼んでいますか? 呼び名や値段は違っても旬の味は1つ

ところが、ブリの場合は関東、関西、東北、北陸、山陰、四国、九州等で異なっており、ここに全て列挙できないくらい多種にわたっています。

15

しかし、フクラギとなると、安価な魚の1つと見られています。

10

しかし、フクラギとなると、安価な魚の1つと見られています。 皆さん、お魚はお好きですか? 魚離れが進んでいると言われていますが、私はぶりの刺し身と銀だらの醤油漬けが大好物です。

12

Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 ハマチもイナダもフクラギも、味は同じです。 それもそのはずです。

20

私も以前1mのブリを釣ったことがありますが、知り合いに「1m以上で10kgないとブリじゃない!」と言われたことがあります笑 まとめ ブリには様々な呼ばれ方があることがわかりましたが、こんなにも地域によって違うものなのかと驚きました。 どれもスズキ目アジ科ブリ属であるため外見が似ています。 そしてカンパチは、イナダとヒラマサの間くらいの脂の乗りと歯ごたえですね。

最初は少しコツが入りますが、何度かチャレンジするときれいに身がとれるようになりますよ。 メジロ• 但し、成長により呼び名が変わる魚は多く、出世魚と呼ばれない魚もあるので、 呼び名が変わる魚すべてを、出世魚と呼ぶ訳では無いようです。 最初にご説明した通り「出世魚」は、「 成長(稚魚から成魚まで)とともに呼び名が変わる魚」のことを言い、これは 「 人が出世する様子と似ていること」から、こう呼ばれています。

こうやって見てみると、中サイズ辺りから、聞いたことのある呼び名がでてきてはいますが、 小サイズ辺りの、モジャッコ?ワカナゴ?ヤズ?など 知らなかった呼び名もいっぱいあります。

スズキやボラも、その幼魚の呼称は地域によって異なります。