二 年 参り と は。 二年参りは方言なの?地域や初詣の違いを紹介

このデータを見る限り、やはり新潟県を中心に使われている言葉のようですね。 新しい年に縁起の良い方角である「恵方」にある神社やお寺に参拝に行き、縁起の良い寺院で一年の幸福をお祈りする風習がありました。 ところが、逆に山梨県側のスタッフからは「何それ?」なんて声も。

まとめ 二年参りが長野県民特有の行事だったとは、かなり驚きました。 大晦日の深夜零時をまたがって神社仏閣に参拝・参詣することを俗に「二年参り」といいます。 このように、実は二年参りは地域によって細かい部分での捉え方が違っているのです。

6

しかしお参りというのは手間の大小ではなく、気持ちの問題です。 少なくとも、節分が始まる前の『1月いっぱい』に参拝すれば問題ないでしょう。 東京にも、初詣の祈願に有名な寺院が沢山存在します。

17

初詣が日本人の慣習となったのは、明治時代以降です。

11

やり方に種類はあれど、大晦日から元旦にかけてお参りするということで、縁起が良くご利益も高いと言われています。 気になる人は、ぜひこちらの記事も読んでみてください。 札幌市民に愛されている神社であることはもちろん、パワースポットとしても人気です。

12

全然聞いたことがなかった単語なんだそうです。

「喪中」は、亡くなった方を偲ぶ期間を意味しますが、「忌中」は故人に哀悼の意を表し、不浄を忌み慎む期間を意味します。 行く年と来る年の2年にわたりお参りをすることから、二年参りと呼ばれており、多くは大晦日の夜、年が変わる時を参道で迎えられるように神社に向かい、新年を迎え、お参りをします。

5