おざなり なおざり。 「おざなり」「なおざり」の違いと使い分けの例文

気の利いた 「当て字」 といったところだろう。 【雑学解説】実際に行われるか、行われないか 似ていてややこしい言葉なので、詳しく説明していく。

20

その場かぎりなのです。 attachEvent "onreadystatechange",J ,a. まとめ 「おざなり」と「なおざり」の違いや語源のほか、覚え方と使い方についても解説しました。

1

【なおざり】 あまり注意を向けず、いい加減にするさま。

16

つまりおざなりとは、 やるにはやるけど、適当に済ませるということですね。 ここでは「ざっと目を通した」ということが「いい加減に目を通した」と同義だと解釈することができるでしょう。

・試験前にも関わらず、彼は勉強をなおざりにした。

4

人生をないがしろにしていますか? 筆者は当然、毎日をおざなりにしていますよ。 prototype,"isPrototypeOf" return! この順序は自然なことと思われる。 唐の詩人・ 白 はく楽 らく天 てんの「 琵 び琶 わ行 こう」には、「秋月春風等閑に 度 わたる」と書かれていますが、これは「秋の明月、春の花風と、浮かれて暮らしているうちに」と訳されます。

10