ある日お姫様になってしまった件について 102話。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第101話の感想と妄想 ※韓国最新話ネタバレ注意

え、なにこれめっちゃ親子じゃん尊い。

16

それでは失礼します。

きっとまだ15歳のアタナシアのことを子供だと考えているのだろう。 ルーカスもフィリックスもクロードも、どの殿方wも全員魅力的ですよね! イゼキエル最近出てこないけど彼も捨てがたい・・フィリックスは子犬感とのギャップ萌えだし、ルーカスとイゼキエルのアーティ巡ってばちばちするかんじも本当に好みです笑 あとそういえば姫ってちっちゃいころクロードに抱っこしてもらえるようになるまでは、ずっとフィリックスに抱っこしてもらってたんだったな・・って思うと感慨深くて泣きそうになります。

2

一方イゼキエルもアタナシアの左手をサッと取り、 口づけをします。 引き摺ってほしいけど。

14

そこで帰り際に、自分でよければ力になると申し出る。 アタナシウスは、あまりそういった人との接触が今までなかったのでしょうか? 話はよく聞いてくれるからコミュニケーションができないというわけではなく・・・不器用なのかもしれません。

18

アタナシアも涙が止まりません。 『ルーカス!世界樹の枝をもう一回出して! 私…やれるかもしれないの! なんだって出来そうな…! そう! パパだって治せる気が…! 『落ち着け。

2

クロードは魔法で紙を戻すと、魔力を押し込めるのではなく包み込むように使うのだと教える。 ・陛下はまだ眠っていた。 もしかして何か事情があるのかなと思い始めました。

落ち着いて…一回深呼吸してみろ。