喫煙 者 は コロナ に かかり にくい。 「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か:スピン経済の歩き方(1/5 ページ)

6%という研究結果が出ているが、中国の一般人口の習慣的喫煙者の割合は約26%。

6

世界の医療の主流としては、このような説と180度真逆で、「喫煙は新型コロナのリスクを高める」ことが「常識」となっているからだ。 またこの研究では、インフルエンザなどの他のウイルス感染症や、炎症性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、特発性肺線維症などでもACE2の発現が増加することが示されている。

13

タバコが健康に悪いのなら、「世界に冠たる日本の平均寿命」はどう説明すればいいのでしょう。

16

コライダー・バイアスが喫煙と新型コロナの関係でも生じているというわけだが、新型コロナの場合、母集団にどれだけの感染者がいるのか、いまだに正確にはわからず、自覚症状や社会的ステータス、既往症といった選択バイアスがあるため、喫煙に限らずコライダー・バイアスがより生じやすいと考えられている。

4

9%に対して圧倒的に少なく、研究チームは、この結果は統計的に有意であるとして、喫煙者は感染から守られると結論づけた」とあり、フランスの研究機関で「喫煙者はコロナにかかりにくい」が、 いちおう科学的に結論づけられたようです。

13

生活習慣でいえば、喫煙や過度の飲酒も免疫機能を下げ、感染リスクを上げる要因になる。

12

タバコはそれほど悪いのか。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。

もちろん、どんな病気でも肥満した人の死亡率は上がると直感的に考えるが、疫学データでは逆の矛盾する結果が出ることがある。

20