妖怪 ちんぽ。 チンポ (妖怪)

ここでは武士を捨て、酒色におぼれた反骨の絵師が極彩色で描く閨房の出来事『艶本華の奥』、南蛮人などの珍しい交合図を含む異色の春画、柳川重信の『柳の嵐』など迫力満点の名作を収録。

5

サワラシンノウ ザン サンキチオニ サンジン サンジャクゴロシ 山梨県北杜市に伝わる蛇の妖怪。 顔が蒼白で言葉は通じないという。

「堅牢な甲羅」と「烏天狗のような凶悪な顔付き」を持つといい、おそらく河童の一種と思われる。 下記のクルピラと同様な存在。 山神や水神が蛇に変化した姿だといわれ、首に輪を持つという。

モハーン:ムアンやモアンとも呼ばれるの伝承に登場する野人。 1782年頃、名を歌麿と改める。 肩で食事をし、背中はぬるぬるしており焼塩に弱いのだという。

12

眠る人間の入る蚊帳をするすると持ち上げ、僧の姿をした何者かがぬっと顔を覗き込んでくるが、これはいくら切っても突いても、また祈祷などをしても全く効果がなかったという。

18

また、の池に棲む人喰い鯉の話もある。 2021-07-14 17:00:00• ギターを持ってラバに乗り旅をする。 日本においては出身の作家、小説家、詩人であるとマルガリータ・ゲレロによって、1957年に発表された『』に掲載された南米の幻獣や、氏の『世界の妖怪大百科』の「南アメリカの妖怪」(および「アメリカの妖怪」の一部)および、元となった資料である1974年に発行された『妖怪魔神精霊の世界』の大阪外国語大学助教授・三原幸久氏による「ラテン・アメリカの妖怪と魔神たち」の項に掲載されていたものが知られていた。

19

時代が悪い) 第6期にも登場するが、今までとは違い友好的なとして登場する。

11